テフロンをはじめとするPTFEを打ち抜き加工や各種加工(ガスケット、パッキンほか)   
 
 
 
加工PROとは?
加工PRO(プロ)は、お客様の様々な加工要望に応える加工プロフェッショナル集団。
抜き打ちプレス加工による量産品対応はもちろん、ウォータージェット加工や手加工による一品生産も得意です。お客様のニーズに応じた、素材提案、コスト提案も積極的にしております。お気軽にご相談ください。
 
全国対応・47都道府県と取引実績あり
 
加工PROは神戸を拠点に、北海道から沖縄まで全国47都道府県のお客様と取引実績があります。
関東(東京、千葉、神奈川)、関西(大阪、兵庫、京都)には定期営業もしておりますので、お気軽にお声をおかけください。
 本社工場(兵庫県神戸市)
打抜きプレス用のトムソン型置場
営業部・総務部が席を置く事務所
製品事例
加工PROがこれまでに提供してきた製品やサンプル品などを加工事例として紹介します。
どんどん追加していく予定ですので、私たち加工PROのことを身近に感じていいただければ幸いです。加工事例
会社概要
加工PROの会社概要
 
PTFE(テフロン材料)
 ※テフロン(R)はデュポン社のPTFEの商品名です。
 
[PTFE(テフロン素材)の種類・選定]
加工PROでは、各化学品メーカーのテフロン素材であるPTFEを加工しております。
テフロン素材はシート材料・テープ材料のPTFEを打抜き加工、裁断加工いたします。
テフロン素材について、メーカー指定がある場合は、指定に従って加工いたします。
特にメーカー指定がない場合は、お客様のご利用用途や条件を確認のうえ、テフロン素材を選定いたします。
 
PTFE(テフロン)素材をウォータージェットで加工しました。 左写真のテフロン製品。ウォータージェットでこの大きさのカットも可能。 ウォータージェットによるカット加工風景(写真はテフロンではありません)
 
[PTFE(テフロン素材)の特性と特徴]
テフロン素材は正式名称がPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)と呼ばれる樹脂素材の1つで、その性質として耐熱、耐薬品性に優れていることが主な特徴です。またテフロンは素材の性質として摩擦係数が少ない特徴があり、触った感触は他の樹脂より滑々しています。
 
[PTFE(テフロン素材)の用途]
耐熱、耐薬品性に優れているため、化学薬品や医療品関係、食品関係のガスケット、パッキンとして利用されることが多いです。加工プロでは、ガスケット、パッキンはもちろん、その他の用途としてもテフロン素材の加工を行なっております。打ち抜き加工(トムソン加工)、カッティング(裁断加工)、ウォータージェット加工に対応しております。(このページの下部にて加工方法をご案内しています)
 
テフロン素材を各種ガスケットに加工いたします ウォータージェットでは小さいものから、大物加工まで可能です。 トムソン型による打抜き加工も承ります
 
[取扱いテフロン素材のメーカー一覧]
メーカー 商品名 主な用途  特徴
ニチアス ナフロンセメンタブルシート ガスケット、電気絶縁材料、機械部品など  詳細
フレキシタリック シグマ ガスケット 詳細
中興化成工業 チューコーフロー粘着テープ   詳細
日東電工 ニトフロンフィルム   詳細
日本ピラー工業 ハイパーシート ガスケット 詳細
淀川ヒューテック ヨドフロン ガスケット 詳細

 
[PTFE(テフロン素材)の加工]
加工プロは、主に打ち抜き加工、プロッター加工、ウォータージェット加工にてお客様の要望に合わせた製品を製作します。
テフロン素材のガスケット、パッキンは当社の主製品として取扱っております。その他、テフロン素材を用いた製品加工についても、お気軽にお問合せください。

テフロン素材の加工方法
 加工方法 型の要否  解説
打ち抜き加工 必要  トムソン型による打ち抜き加工をいたします。型の製作についてもお気軽にお問合せください。
プロッター加工 不要 プロッター機による自動裁断加工です。お客様の仕様をデータ化し、機械が自動カットします。型は不要です。
図面データをお持ちのお客様はご提供ください。図面データがない場合は、当社にてデータ化いたします。
ウォータージェット加工 不要 ウォータージェット機が水の刃を使って加工します。プロッター機のカット同様に、データを基に機械がカット加工します。型が不要ですので、1枚からカット可能です。

 
[ちょっと休憩]テフロン素材にまつわるこんな話
一般的にテフロンと言うと、調理器具のフライパンやお鍋にテフロン加工やテフロン仕上げなどと謳って、加熱調理時に食品などが焦げ付かない仕様をしていることを連想する場合が多いのではないでしょうか。
テフロンとは、正式名をPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)という樹脂素材の1つで、私たちが一般的に「テフロン」と呼んでいるのは、デュポン社の商標登録している名称です。なのでテフロンといえば、正式にはデュポン社のPTFE素材のことを指します。
しかし、テフロンの名称が世の中に広まり過ぎて、PTFE全般のことをテフロンと呼んで使っていることが多いのが現実です。各材料メーカーでは、デュポン社と同様にPTFE素材にブランド名をもっています。なので少しご紹介します。
メーカー名=PTFEブランド
ニチアス=ナフロンセメンタブルシート
フレキシタリック=シグマ
中興化成工業=チューコーフロー粘着テープ
日東電工=ニトフロンフィルム
日本ピラー工業=ハイパーシート
淀川ヒューテック=ヨドフロン
加工プロでは、各社のPTFE素材を取扱っております。お気軽にお問合せください。
価格や納期のこともご相談ください。
 
 
 
Copyright (c) KAKOPRO All Right Reservesd