【CRゴムスポンジをトムソン型で加工しました】

材料:CRゴムスポンジ

加工方法:トムソン型打ち抜き加工

用途:シール

CRゴムスポンジ シール トムソン①

スポンジとはゴムや樹脂に発泡剤を混合し、加熱と加圧により発泡剤から発生するガスにより多孔構造にしたものの総称です。気泡ひとつひとつが完全にゴム膜で覆われた気泡構造の独立気泡体(独泡)と気泡それぞれがつながっている連続気泡体(連泡)に分類されます。

合成ゴムスポンジは反発力があり、断熱性に優れています。吸水性が低く、少ない圧縮率でシール性に優れています。熱伝導率が低く、断熱材、保温材などに適しています。防音効果があり、防音パッキンなどに利用できます。

衝撃吸収性、浮揚性などに優れ、加工性も良いため、用途は多岐にわたっています。建築・土木分野をはじめ電機機器などにも幅広く利用されています。

合成ゴムスポンジはNBR、EPDMといったゴムの種類によって、耐油性、耐薬品性といったさまざまな特性に分かれます。

今回加工をしましたCRゴムスポンジは独立気泡体です。CRゴムスポンジなので、CRの難燃特性を持ったゴムスポンジということになります。

CRゴムスポンジ シール トムソン②

白い面は両面テープです。両面テープ付きも対応可能です。

CRゴムスポンジはシール材として、代表的な素材の一つです。

CADデータを利用するウォータージェット加工やトムソン型を利用する打抜き加工でご希望の形状に加工します。

各種ゴムスポンジ加工のことなら、ご相談ください。