【CRゴムをウォータージェットで加工しました】

材料:CRゴム 硬度60度(クレハエラストマー CB260NE)

加工方法:ウォータージェット加工

用途:緩衝、サンプル

CRゴムは耐候性・耐オゾン性・耐熱性に優れ、耐油性も良好なゴムシートです。バランスのとれた、平均した性質をもっているので、合成ゴムの中ではもっともポピュラーで扱いやすい素材ではないでしょうか。

CRとは「クロロプレン ラバー」のアルファベット頭文字からの略称です。「ネオプレン」と呼ばれることもあります。「ネオプレン」は米国デュポン社の商品名ですが、CRゴムとネオプレンゴムをほとんど同義で使用されている方も多いと思います。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5①

CR 3t φ5×φ1

アクリルASSY品に組み込まれる部材の中に、このサイズのパッキンがありまして、内径φ1であれば製品としてどの程度表現できるか、確認のために試作してみました。大きさの雰囲気がわかりやすいように、身近な文具を横に添えてみました。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5②

ホッチキスの針とクリップの間に配置してみました。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5③

通してみたい衝動に駆られて、ついつい。ホッチキスの径はφ0.8だったので、スムーズに通すことが出来ました。

ウォータージェットはCADデータを利用して、加工が可能です。各種CRゴム加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2