「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

【令和元年にツバメがやってきました】

ご安全に。

弊社の玄関上にツバメの巣が出来ていました。

どうやら、防犯カメラの上に上手に巣をつくっていたようです。営巣というやつですね。「営巣」という文字を使うことは人生初かもしれません。喜ばしいことです。

そう言われてみると、玄関回りが汚れていたり、鳥の鳴き声やさえずりが近かったような気がします。目線に入ってこない情報に対する意識の低さというか鈍感というか、「気が付く」「気を付ける」ということから遠ざかっている気がして反省です。

IMG_5591

誰かがカメラで巣の様子が見れるようになれば、なんてことを言っていましたが、それはそれで問題です。何の防犯対策にもなりませんので。しかもアップ過ぎます。

ヤクルトスワローズのファンではありませんが、見守ることとフン害を避けるために巣の下に箱を用意しました。

IMG_5592

最初はわかりませんでしたが、巣の中には4羽から5羽は雛鳥がいたと思います。大きくなってきて、顔を出して餌を求めている姿は、狭いバスタブに身を寄せ合って入っている、そんな感じで窮屈そうでした。

6月に入り、いつの間にか巣立っていました。巣立つという言葉はまさにこのためにあるんですね。喜ばしいことです。

古くから、ツバメは福を呼ぶ、幸運を運んでくる鳥として大事にされてきました。幸福のシンボルともいえるツバメが子育てに選んだ場所には良いパワーがあり、風水的にも良いと言われいます。温度、湿度、風通しなどの環境が良く、居心地が良いと思う場所で、なおかつ家の軒先など、人通りの多いところ。

まさに弊社の社是であります。

柳瀬製作所 社是

「往来千般 本業篤実」おうらいせんぱん ほんぎょうとくじつ

お客様をはじめとして人との交流を大切にする。人が集う機会や場所を提供する。人や物、情報が行き来する発信所(中継所)である。お客様や周囲との方々の関係を大切にし、「人の行き来」、または「物の行き来」が盛んに行われる会社にする、そして寄っていただいた方々の役に立つ。そうすることでさらに人や物の行き来が盛んになる。

【社是を真剣に考える。読み方、意味、考え方、姿勢】

ツバメが巣を作ると商売繁盛するとも言われています。来年も同じ場所にツバメがやってくる、そんな季節の風物詩を期待しております。

各種トムソン型打ち抜き、ウォータジェット加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【2019年度 加工PRO営業日カレンダーのご案内です】

ご安全に!

2019年度が始まりました。元号では平成31年からの令和元年です。天皇の生前退位による皇位の継承に伴って改元が事前に準備され、改元の1ヶ月前に「令和」が公表されました。この歴史的な出来事は、10連休だったゴールデンウィークも含めて、記録にも記憶にも残ることでしょう。まさに次の時代の始まりです。

2019年度 加工PRO / 柳瀬製作所 営業日カレンダーのご案内です。

柳瀬カレンダー2019年度

昨年度は土曜日出勤を月に1回程度とし、大幅に休日を増やしました。

そして今年度は完全週休二日制です!!!

義務化されました5日間の有給休暇も計画的に取得していきます。祝祭日はお休み、プライベートを充実させ、その中で得たものを仕事に活かすことで、短時間で効率よく成果を上げることができればという会社の想いは継続です。ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の考え方です。

ワークライフバランスとは・・・

  • 仕事で成果を挙げるための成長やスキルを生活(仕事以外)で身につける
  • それによって仕事がより短時間で成果を挙げられる
  • より、生活が充実したものになり、スキルアップが図れる

といった「生活と仕事を調和させることで得られる相乗効果・好循環」のことを意味します。

2019年度、令和元年度も加工PRO / 柳瀬製作所をよろしくお願いします。

blog_toiawase2

【加工PRO(柳瀬製作所)の会社案内動画が出来ました】

ご安全に。

「平成」が終わりに近づき、新元号である「令和」がもうすぐやってきます。次の時代の始まりに合わせた訳ではありませんが、加工PRO(柳瀬製作所)の会社案内動画が出来ました。

柳瀬製作所 会社案内表紙

以前は紙媒体での会社案内を作製し、使用していました。

材料自動倉庫、型自動倉庫、裁断加工、トムソン抜き型加工、ウォータージェット加工、カッティングプロッター、手加工、検査などなど。紙では伝わりにくい工場の雰囲気や特徴を感じていただけることと思います。

加工PRO(柳瀬製作所)の会社案内動画はYoutubeにアップしております。その他加工動画もアップしておりますので、お時間のある時にご覧くださいますようお願い申し上げます。

blog_toiawase2

【平成最後のシャッター改修工事完了】

ご安全に。

2018年の表す漢字として「災」が選ばれました。京都の清水寺で年末に発表される例のやつです。大阪北部地震、西日本豪雨、頻発した台風の襲来、記録的猛暑などなど。関西だけでなく、日本全国でも様々な被害がありました。いまだに手付かずのところもあると聞きます。

弊社におきましても過去の災害でダメージを受けている箇所があります。爆弾低気圧のすさまじい風で社屋のシャッターが破壊されました。合わせ目のベルト付近が切れていました。想像を絶する破壊力です。

IMG_2102

ということで、平成最後の~ということはあまり関係がないかもしれませんが、社屋前シャッターを改修しました。

IMG_5477

以前は合わせ目をベルトだけでつないでいましたが、ベルトが破断するという想定外の事象を踏まえ、今回は合わせ目をベルトだけではなく、金属製にしました。鍵もつけて万全です。

IMG_5483各種加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

 

【謹賀新年 2019年も神戸から「加工PRO」「柳瀬製作所」】

ご安全に。

あけましておめでとうございます。本年も引き続き「加工PRO」「柳瀬製作所」をよろしくお願い申し上げます。

IMG_5402

2019年がスタートしました。平成最後の年ということになります。この「平成最後の~」というフレーズは聞き飽きたかもしれませんが。

そして1月は神戸に住んだり、働いたり、神戸ゆかりの人間にとって、ある意味メモリアルな月です。

「1.17 阪神大震災」

バブル経済の崩壊後に起こったあの震災。

年末年始にかけて、平成時代を回顧する様々な映像が放送されています。そういえば、JR六甲道駅の復旧工事のドラマが放映されていました。井浦新がゼネコンの工事所長を演じていました「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」

平成の大横綱、貴乃花が角界を去るのもなんだか寂しいものがあります。

不易流行

いつまでも変わらない本質的なものの中にも新しい変化を取り入れていくこと。ずっと変わらないものに、その時に応じて変化していくこと。

今年も「加工PRO」「柳瀬製作所」をよろしくお願い申し上げます。

blog_toiawase2

【GOOD DESIGN AWARD 2018 神戸展に行ってきました】

六甲アイランドの神戸ファッション美術館でGOOD DESIGN AWARD 神戸展がありましたので行ってきました。神戸市ユネスコ創造都市ネットワーク「デザイン都市」認定10周年、神戸新聞創刊120周年記念事業だそうです。六甲アイランドに来るのはいつ振りだろうか?そんなことを考えつつ、交通渋滞もなく、ストレスフリーで現地着。

IMG_5414グッドデザイン賞とは。(GOOD DESIGN AWARD HPより)

グッドデザイン賞は公益財団法人日本デザイン振興会が主催する日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(Gマーク制度)」を前身とし、これまで約60年にわたり、デザインによる産業と生活文化の向上のため、「よいデザイン」を選び続けてきました。これまでの受賞件数は約45,000件を超えています。

IMG_5406

グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。さらに、複雑化する社会において、課題の解決や新たなテーマの発見にデザインが必要とされ、デザインへの期待が高まっています。グッドデザイン賞は、審査と多様なプロモーションを通じて、デザインに可能性を見出す人びとを支援し、デザインにできること・デザインが生かされる領域を広げ、私たちひとりひとりが豊かに、創造的に生きられる社会をめざしています。

IMG_5408グッドデザイン賞はデザインの優劣を競う制度ではなく、審査を通じて新たな「発見」をし、Gマークとともに社会と「共有」することで、次なる「創造」へ繋げていく仕組みです。

グッドデザイン=よいデザイン=外観的に富んだもの、こんなイメージでした。形あるものだけでなく、サービスや理念といった無形のものまでを「デザイン」と位置づけているみたいです。仕組みづくりであること、仕掛け作りであることに共感を覚えました。

様々なグッドデザインがある中で、一番気に入ったのがこれ。

IMG_5411PLUSさんからのグッドデザインである「AIR KARU(エアカル)」というクリップです。

IMG_5412

審査委員の評価

変化がほぼ無かったクリップを一から見直し、結果「開く際の力」を大幅に低減したことは小さな発明と言っても過言ではなく、少ない外観変化でユーザビリティを大きく改善した点を高く評価した。また量産の際、様々な困難があったことは想像に難くなく、それらに真摯に向き合うメーカーの姿勢にも好印象を受ける。この商品は改めて身近な物を見つめ直すきっかけを与えてくれる。

一瞬の出来事を切り取り、その一瞬から問題点を見出し、そこから問題解決へと導いたことにあっぱれです。単純、いやシンプルではあるが効果が高い、そんな改善が理想ですね。見る、観るだけでなく、実物に触れることが出来る、こんな展示会は非常に楽しいです。

縦のものを横にしたり、斜めから見たり。物のカタチ、かたち、形を変えることで新たな価値観が生まれる、そんな提案をしてみたいと強く感じました。

【インフルエンザにかからないために大事なこと】

ご安全に。

例年にない酷暑の夏から一転、急速に秋が深まりつつあります。もうすぐ始まるインフルエンザの流行期、憂鬱ですね。もうすでにインフルエンザの患者さんが病院の外来に増えつつあるとか。

インフルエンザは風邪の諸症状とよく似ていますが、全く違います。感染症です。弊社においても従業員全員対象に会社負担で予防接種を実施しています。

<感染症とは>

ウィルスや細菌などの感染源が体に入り増えることで、発熱・下痢・咳などの症状がでる病気です。人から人へ感染するものや、動物や昆虫等から感染するもの、また傷口から感染するものがあります。

<感染症のしくみ>

「感染源」「感染経路」「抵抗力の低下」の3つの要素がそろうと「感染」します。体に入る感染源となる病原体の量やその人の抵抗力(免疫力)により左右され、病原体の量が多いほど、また体の抵抗力が弱いほど、感染しやすくなります。予防には、この3つの要素がそろわないように取り除くことが有効です。

<インフルエンザが体に入る感染経路>

  • 飛沫感染:感染した人のせきやくしゃみで飛んだしぶきに含まれるウィルス等を、別の人が口や鼻から吸い込むことで感染します。
  • 接触感染:感染した人が咳を押さえた手や、鼻水をぬぐった手で、ドアノブやスイッチなどに触れ、それを別の人が手で触れ、さらにその手で鼻、口に再び触れることで感染します。

<インフルエンザの流行時期>

インフルエンザの流行時期は12月頃より流行し、1月~2月にはピークになります。沖縄県など1年中流行している地域もあります。インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1000万人、約10人に1人が感染しています。飛沫感染・接触感染で感染が広がります。

<インフルエンザにかからない知識>

  • 外出後の手洗い・うがいを心がけましょう。アルコール消毒液の使用もGOODです。
  • 体の抵抗力を高めるために栄養と睡眠をしっかりとりましょう。
  • 適度な湿度(50%~60%)を保ちましょう。インフルエンザウィルスは乾燥し低温になると流行します。また空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が落ちます。
  • インフルエンザは飛沫感染です。1時間に1回程度こまめに換気しましょう。
  • 予防接種を受けましょう。重症化を予防することができます。

インフルエンザの予防接種は、10月中旬から接種が始まっています。効果が出るまでには接種後2週間ほどかかるので、流行前の12月中旬までに接種しましょう。

インフルエンザのお話でした。

【熱中症対策 作業環境改善 現場空調新設しました】

今年の夏は暑い、暑い、暑い! 台風発生も多い、多い、多い!

雨が降るとなったら集中豪雨! 湿気もすごい!

弊社の製造現場では、夏場はスポットクーラーで対応していましたが、今年の夏の気象は異常です。温度が上がるにつれ、現場の士気が下がってきます。熱が外に排出されずに工場内に残っているのか、一向に製造現場内の温度が下がってくれません。

深夜から早朝にかけて、気温がある程度下がってくれると製造現場内の温度も下がってくれていたのですが、今年は30度を下回らない。汗をかいては乾いての繰り返し、汗だくで何度も着替えをしますが、士気は落ちる、効率は落ちる。

そこで、空調設備を整えることにしました。製造現場全体をカバーする空調設備の新設はかなり大掛かりなものになりました。

納期、搬入、取付、費用。。。

IMG_5334

IMG_5335

IMG_5337快適、快適、寒いくらいです(笑)

工事完了、来年からの酷暑対策はこれでOKです。

以下、熱中症の予防対策の箇条書きです。

<熱中症の予防対策 ~作業環境~>

  • 熱気を逃がす:換気設備で排気する。
  • 熱源の除去:熱源となる機械の除去・密閉・隔離・縮小等。
  • 熱源の自動化・遠隔化:熱源接近作業を減らす。
  • 工場内の温度を下げる:屋根の散水、大型冷房システムの設置等。
  • 休憩所を快適に:冷水器、スポーツドリンク、長椅子、体温計、シャワー等の設置、利用。
  • 空気を動かす:風通しをよくし、こもらせない。
  • 建屋入り口のミスト散布。
  • 暑さ指数(WBGT)の数値掲示。

改善された作業環境で、各種加工が可能です。

各種加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

 

【ウォータージェットの切断動画事例】~PTFE編~

材料:PTFE(淀川ヒューテック ヨドフロン)

加工方法:ウォータージェット加工

用途:耐薬

加工風景です。

PTFEとは・・・

名称は四フッ化エチレン樹脂、化学名はポリテトラフルオロエチレン。「テフロン」はデュポン社の登録商標(商品名)です。耐熱性、耐薬品性、電気特性(高周波特性)、非粘着性、自己潤滑性に優れた特性を持っています。パッキン、ガスケット、バルブシートなど様々な分野で使われています。

PTFE素材の入手状況が納期的にも価格的にも厳しいです。いつから好転するのやら。素材がないことには我々加工屋は仕事が出来ません。。。ですので、いろいろな方法で入手するべく日々奮闘しております。

ウォータージェットはCADデータを利用して加工が可能です。

PTFEシート加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【SEA JAPAN 2018 に行ってきました。ドローン、IoT、VR体験】

SEA JAPANとは2年に一度開催される、海事産業の国際展示会です。28の国と地域から580社以上が集まるこの展示会が東京ビッグサイトにて開催されました。今年度のテーマは「競争力、環境保全、安全運航、付加価値」です。

P1000506

開催概要です。

名称 Sea Japan 2018

会期 2018年4月11日(水)~4月13日(金)[3日間]

会場 東京ビッグサイト 東5・6ホール

開催周期 2年に1回

日本の海事産業は高い技術力と安定した製品供給を誇り、再び世界造船市場の舞台で脚光を取り戻しつつあります。弊社も造船所に対して、ガスケット加工・販売を行っており、継続してSEA JAPANに来場見学しております。

史上最大規模!28の国と地域から580社が出展!ということで、さまざまな艤装品、海外メーカーのブース、ジャパンパビリオンではテーマゾーンと称して省エネ・環境技術、産官学合同研究テーマ、海洋資源開発の出展がありました。なかにはドローンやIoTに特化した展示もありました。

ところで、ドローンは知っているとして、IoTってわかりますか?聞いたことはあっても説明できないことってありますよね。

IoTとは「Internet of Things」の略です。別名「モノのインターネット」とも呼ばれ、モノがインターネットにつながる仕組みを指しています。人が操作してインターネットにつなぐだけではなく、モノ自らがインターネットにアクセスするというのが「IoT」の特徴です。

クルマの自動運転とか遠隔地の気象情報や利用状況のモニタリングなど、便利になるばかりではなく、人手を大幅に削減する可能性があります。モノとモノの間にネットワークが繋がることで、生活を便利にしてくれるだけでなく、ビジネスでも幅広く活躍する可能性を秘めています。

弊社のお取引様も出展しているとのことで、ブースにお邪魔してきました。そこでVR体験をさせていただきました。ここでまた聞いたことはあっても説明に自信がない言葉の出現です。最近カタカナや横文字の新語が多くなり、なかなかつらいところであります。

VRとは「Virtual Reality」の略で、日本語訳としては「仮想現実」となります。現実世界ではない、デジタルで作られた仮想世界に入ることで、疑似体験であったり、実際にはないモノやコトまで体験できるという技術です。今回は労働災害防止のVR体験をさせていただきました。

P1000501

ゴーグルを装着してVR体験の始まりです。視界は完全に覆われており、すっかりVRの世界です。体を回したり、頭を振ったりしても視界にはVRの世界が広がっています。左手には専用の手袋を装着しました。手を振ったり、広げたりするとゴーグルの中のVR世界で同じことが行われています。

P1000496

転落事故、感電事故、巻き込まれ事故、挟まれ事故、転倒事故、爆発事故、後退事故、荷崩れ事故の8つのメニューがありました。私は感電事故のVR体験をしました。

配線箱を開け、配線箱内のケーブルつなぎ替えの指示があり、指示されるがままに行動し、感電!!先ほど専用の手袋を装着しました左手よりブルッと振動が伝わってきました。VR体験をしている本人の視界と同じ内容が別モニターで映し出されていますので、VR体験者の状況は周りで見ている人たちにもよくわかります。

P1000498

Eメールであったり、インターネットであったり、導入当初は流行や物珍しさもありましたが、今やビジネスには欠かせないもの、ないと困るものになっています。VRに関してもそう遠くない将来に、様々なシーンで実用化され、そういう存在になっていることでしょう。

P1000502

SEA JAPAN 2018の話でした。SEA JAPAN 2018は3日間で20,000人を超える来場者があったようです。次回開催は2年後、2020年3月11日(水)~13日(金)、会場は東京ビッグサイト 西ホールとのことです。ご興味がおありの方はご来場されてはいかがでしょうか?

blog_toiawase2