「サンプル」カテゴリーアーカイブ

【失敗作!?ウレタンゴムを恐竜に。ウォータージェットで加工しました。】

材料:ウレタンゴム(クレハエラストマー UA290N)

加工方法:ウォータージェット加工

用途:サンプル

昔の製品写真や動画を整理していましたら、こんなものが出てきました。ウレタンゴムを恐竜にウォータージェット加工したサンプル品です。

恐竜 ウレタンゴム ウォータージェット サンプル
恐竜 ウレタンゴム ウォータージェット サンプル

展示会出展の際に、遊び心も必要ではないかなと思い、ガスケット材であるジョイントシートやPTFE テフロンで恐竜を作ってみました。その流れでウレタンゴムでも恐竜をウォータージェット加工してみました。

ウレタンゴムは反発弾性が良く、耐摩耗性・耐油性・耐候性・耐寒性に優れています。ウレタンゴムは天然ゴムに比べ、10倍以上の耐摩耗性があります。-25℃でもゴム弾性や機械的強度があります。ウレタンゴムは加水分解されやすい特性がありますので、高温多湿の環境下ではその性能を発揮できないことがあります。

ウレタンゴムの硬度は90度。ウォータージェット加工は問題ありません。組み立ててみました。

実はこのウレタンゴムの恐竜さん、iPhoneがないと倒れてしまいます。おじいさん恐竜になってしまいました。硬度的には硬くてもそこはゴム、やはり軟質系の材料なのだと実感しました。

ウォータージェットはCADデータを利用して、加工が可能です。

ウレタンゴム加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【国際プラスチックフェア2017に行ってきました。びっくりしたことは・・・】

国際プラスチックフェアに行ってきました。

会場は幕張メッセということで、いつもは東京駅からJR京葉線で海浜幕張駅まで行き、徒歩にて現地アクセスしていますが、今回は主催者殿が片道500円で専用シャトルバスを運行するとのこと、約10分間隔での運行ということもあり、お世話になることにしました。

首都高の普段がどういう状態か実はよく知りませんが、結果的には非常に快適でした。道中は程よく混んでいましたが、何よりも着席が確保されていたこと、それに東京ディズニーランドホテルを横目に見て、ささやかながら別世界を感じることもできました。バスを降りてすぐに受付があり、待つことなく会場へ。

ちなみに概要は下記の通りです。

  • 名称 PF Japan 2017(国際プラスチックフェア)第9回
  • 会期 2017年10月24日(火)~10月28日(土)[5日間]
  • 開場時間 10:00~17:00[最終日は16:00]
  • 会場 幕張メッセ
  • 展示規模 出展者:778社・団体、出展小間数:2,438小間
  • 開催周期 3年に1回

やはり幕張メッセは広い。商談というよりは情報収集が目的ですので、端から順に回っていき、気になったブースで足を止めることにしました。

ミマキエンジニアリング

弊社でも活躍していますカッティングマシンでお世話になっているメーカー殿です。標準機からオーダー対応等細かく説明いただきました。ゾウのサンプル品や時期的にマストなハロウィンのジャックオーランタンのカット品が可愛かったです。

IMG_4892

三和化工

毎日のように加工している材料はやはり親近感がわきます。発泡ポリエチレンのサンペルカの方がなじみがあるかもしれません。加工方法のメリット/デメリットをわかりやすくまとめていました。展示サンプル加工品の中にはヒントになりそうな形状があり、収穫です。

IMG_4896

イノアックコーポレーション

ウレタンフォームや発泡ポリエチレンでお世話になっているメーカー殿です。車用のワックススポンジは発泡ポリエチレンのB4とウレタンフォームのECSの積層品だったことにびっくり!車にワックスをしていたのは遠い昔だなぁと思いながら、確かに質感はB4にECSだと再認識しました。

IMG_4893

ここでアクシデント発生!?

携帯が・・・ない・・・

すべてのポケット、カバンの隅々まで探しましたが、やはりありません。記憶をフル回転でさかのぼりました。昼食時はあった、バスの中でも見た記憶がある。これはバスの中で忘れたに違いないと。シャトルバスの乗降場所へ戻り、スタッフの方に伝えました。乗った時間、降りた時間、乗っていた場所等。該当車両が判明し、無線で乗務員の方に問い合わせ。

ありました(笑)

しかも該当車両は幕張メッセ内で待機中とのことで、間もなく手元に戻ってまいりました。よかった、よかった。

再びイノアックコーポレーションのブースへ戻り、注目製品の説明を受けた後、来場記念品をいただきました。マイクロセルポリマーシート、PORON(ポロン)のインソールでした。

イノアック ポロン インソール

国際プラスチックフェア2017の話でした。次回開催は3年後、2020年10月6日(火)~10日(土)、会場は同じく幕張メッセとのことです。

次回開催日程が決定していることにびっくり!

blog_toiawase2

【厚物シリコーンゴムをウォータージェットで加工しました その①】

材料:シリコーンゴム

加工方法:ウォータージェット加工

用途:サンプル

お客様より厚物ゴムの加工相談がありました。シリコーンゴムです。スポンジではなくソリッドです。テストピースをいただきましたので、サンプル加工の開始です。

罫書き線がカットする箇所です。

厚物シリコーンゴム 上から
厚物シリコーンゴム 上から
厚物シリコーンゴム 横から
厚物シリコーンゴム 横から
厚物シリコーンゴム 厚み
厚物シリコーンゴム 厚み

予想していたよりも加工断面はきれいな仕上がりになりました。

加工後のサンプルを見ていただいて、客先担当者様も納得の表情でした。

厚物シリコーンゴム 加工後上から
厚物シリコーンゴム 加工後上から
厚物シリコーンゴム 加工後横から
厚物シリコーンゴム 加工後横から
厚物シリコーンゴム 加工後断面厚み
厚物シリコーンゴム 加工後断面厚み
厚物シリコーンゴム 加工後断面アップ
厚物シリコーンゴム 加工後断面アップ

ここで心配事が。。。

今回はサンプル加工ということで、テストピースは片手で掴める程度の大きさでした。分厚いシリコーンゴム材料でしたが、持ち運びは問題なく、材料をセットするのもそんなに時間はかかりませんでした。

しかしながら、検討している製品は一体物(エンドレス物)で、直径がφ4000を超える可能性があるとのことです。加工断面の仕上がりは良好でしたので、加工精度や加工時間よりもその前後の準備段取りに時間がかかりそうです。

材料を加工機にセットしたり、加工後の商品を動かしたり、商品の横持ちはマンパワーで対応する必要があるかもしれません。

ウォータージェットはCADデータを利用して加工が可能です。各種シリコーンゴム加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【第9回神戸ものづくり中小企業展示商談会】に出展します

ご安全に。

今年も【第9回神戸ものづくり中小企業展示商談会】に出展します。

http://www.kobe-liaison.net/?p=4644

日時:2017年6月16日(金)10:00~17:00

場所:神戸サンボーホール 2階大展示場(神戸市中央区浜辺通5-1-32)

主催:神戸市

今年も観終ったらそのまま『さんのみや~』ですか!

ご都合つきましたら是非お越しください。

では。

blog_toiawase2

【CRゴムをウォータージェットで加工しました】

材料:CRゴム 硬度55度(クレハエラストマー CB255N)

加工方法:ウォータージェット加工

用途:サンプル

CRゴムは耐候性・耐オゾン性・耐熱性に優れ、耐油性も良好なゴムシートです。バランスのとれた、平均した性質をもっているので、合成ゴムの中ではもっともポピュラーで扱いやすい素材ではないでしょうか。

CRとは「クロロプレン ラバー」のアルファベット頭文字からの略称です。「ネオプレン」と呼ばれることもあります。「ネオプレン」は米国デュポン社の商品名ですが、CRゴムとネオプレンゴムをほとんど同義で使用されている方も多いと思います。

今回はある製品の形状選定、絞り込みを目的とした、サンプル加工の依頼がありました。50tのCRゴム素材から指定された形状にウォータージェットで加工しました。断面形状はマル秘のため、お見せできませんが、切り出した側面はなかなかの仕上がりです。

CRゴム50t サンプル ウォータージェット 

ウォータージェットはCADデータを利用して、加工が可能です。

各種CRゴム加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【CRゴムをウォータージェットで加工しました】

材料:CRゴム 硬度60度(クレハエラストマー CB260NE)

加工方法:ウォータージェット加工

用途:緩衝、サンプル

CRゴムは耐候性・耐オゾン性・耐熱性に優れ、耐油性も良好なゴムシートです。バランスのとれた、平均した性質をもっているので、合成ゴムの中ではもっともポピュラーで扱いやすい素材ではないでしょうか。

CRとは「クロロプレン ラバー」のアルファベット頭文字からの略称です。「ネオプレン」と呼ばれることもあります。「ネオプレン」は米国デュポン社の商品名ですが、CRゴムとネオプレンゴムをほとんど同義で使用されている方も多いと思います。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5①

CR 3t φ5×φ1

アクリルASSY品に組み込まれる部材の中に、このサイズのパッキンがありまして、内径φ1であれば製品としてどの程度表現できるか、確認のために試作してみました。大きさの雰囲気がわかりやすいように、身近な文具を横に添えてみました。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5②

ホッチキスの針とクリップの間に配置してみました。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5③

通してみたい衝動に駆られて、ついつい。ホッチキスの径はφ0.8だったので、スムーズに通すことが出来ました。

ウォータージェットはCADデータを利用して、加工が可能です。各種CRゴム加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【PTFE(テフロン F4)0.5tをピナクル型で打ち抜き加工!】

ご安全に。

ペンの右側にあるちっちゃな白いものが製品です。

img_0880

 

 

 

 

 

 

材料:PTFE(テフロン F4)0.5t

加工方法:ピナクル型で打ち抜き加工

用途:絶縁ワッシャ?

ちっちゃすぎるので大きくしてみましょう。

img_0881_ink_li

 

 

 

 

 

 

ご覧の寸法なのにかなりの出来ばえ。

お客様も喜んでおられます。

それでピナクル型はコレ↓

img_0882

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと値は張りますがええもん作りまっせー!

ではまた。

blog_toiawase2

 

【ベニヤ板をウォータージェットで切断加工してみました】

先日、お客様からベニヤ板の加工相談がありました。厚みは3tが指定ということで、ホームセンターに探しに行きましたが、在庫としてはありませんでした。一般的な厚みではないようです。

インターネットで調べて、S木材さんに相談することにしました。図面を確認してもらい、懇意にしている木工屋さんに見積依頼をする運びとなりました。

ウォータージェットでベニヤ板を加工すると加工断面はどの程度になるのか。。。

加工してみました。

相談したS木材さんに伺った際に端材がありましたので、いただいてきました。ベニヤ板 2.5mm

厚み2.5mmのR加工と直線加工です。↑ ↑ ↑

ベニヤ板 2.5mm 切断面

厚み2.5mmの加工切断面です。↑ ↑ ↑

ベニヤ板 5.5mm

厚み5.5mmのR加工と直線加工です。↑ ↑ ↑

ベニヤ板 5.5mm 切断面

厚み5.5mmの加工切断面です。↑ ↑ ↑

ベニヤ板は積層しているのでやや不安でしたが、薄物の加工断面は予想以上の仕上がりになりました。

何でもトライしてみるもんですね。

各種加工のことなら、ご相談ください。

でも木材加工は大工さんの方がいいかな(笑)

blog_toiawase2

【三和化工 京都本社展示ルームにて商品研修会 サンペルカ、オプシーラーなど】

発泡ポリエチレンでおなじみの三和化工さんから、京都にある本社展示ルームでの商品研修会にお誘いをいただきました。京都市内は常に混んでいるイメージがありますが、予想どおりなのか京都南ICからの国道1号線はやはり激コミでした。それでも時間には余裕を持って行動していたので、遅れることなく到着。

IMG_3878

早速、商品研修会の開始。

会社概要、沿革、製造拠点からスタートし、軽く生産方法の説明。そして製品紹介です。

<サンペルカ>独立気泡だから、熱を遮断します。水に沈みません。クッション性に優れています。着色,加工,成形も思いのままです。

<エコペルカ>地球にやさしく。フォームをフォームにリサイクル。

<オプセル、スーパーオプセル>連続気泡だから音を吸収します。水を吸収します。熱を遮断します。シール性があります。酸・アルカリに対し、安定です。スーパーオプセルは、難燃性を付与させたオプセルです。

<ニューペルカ>ポリエチレン樹脂にカーボンを練り込んでいるため、カーボンの脱離がありません。帯電防止タイプ,導電性タイプの2タイプがあります。

<オプシーラー、ラバペルカ>滑らない。凹凸面にもフィットし、水・空気・熱などを遮断し、シール材・パッキング材として最適です。

三和化工カタログより

発泡ポリエチレンのサンペルカは発泡倍率、厚みや色バリエーション等普段から扱い慣れていることもあり、親しみを覚えながら製品紹介を聞くことができました。また、弊社ではゴムスポンジは他社製を通常扱っており、三和化工製のラバペルカではありませんが、、三和化工ではCR系やEP系では最大厚み50mmまで対応可能な製品もあり、他社との差別化を図っていました。厚いバリエーションがあるということは貼り合わせ工数の削減、厚みのバラつき低減になりますという提案に非常に納得しました。

一般消費者向けの完成品にも三和化工製の商品が採用されています。

IMG_3876

IMG_3881

水泳用ビート板、サッカー用レガース(シンガード)、マスクの鼻あてなどなど。介助入浴用のイスの展示もありました。

IMG_3877

IMG_3880

商品研修会が終了してから、普段は電話とFAXでしかやり取りをしていない、手配窓口の方ともあいさつができました。

三和化工様ありがとうございました。

blog_toiawase2