「設備」カテゴリーアーカイブ

【加工PRO(柳瀬製作所)の会社案内動画が出来ました】

ご安全に。

「平成」が終わりに近づき、新元号である「令和」がもうすぐやってきます。次の時代の始まりに合わせた訳ではありませんが、加工PRO(柳瀬製作所)の会社案内動画が出来ました。

柳瀬製作所 会社案内表紙

以前は紙媒体での会社案内を作製し、使用していました。

材料自動倉庫、型自動倉庫、裁断加工、トムソン抜き型加工、ウォータージェット加工、カッティングプロッター、手加工、検査などなど。紙では伝わりにくい工場の雰囲気や特徴を感じていただけることと思います。

加工PRO(柳瀬製作所)の会社案内動画はYoutubeにアップしております。その他加工動画もアップしておりますので、お時間のある時にご覧くださいますようお願い申し上げます。

blog_toiawase2

【平成最後のシャッター改修工事完了】

ご安全に。

2018年の表す漢字として「災」が選ばれました。京都の清水寺で年末に発表される例のやつです。大阪北部地震、西日本豪雨、頻発した台風の襲来、記録的猛暑などなど。関西だけでなく、日本全国でも様々な被害がありました。いまだに手付かずのところもあると聞きます。

弊社におきましても過去の災害でダメージを受けている箇所があります。爆弾低気圧のすさまじい風で社屋のシャッターが破壊されました。合わせ目のベルト付近が切れていました。想像を絶する破壊力です。

IMG_2102

ということで、平成最後の~ということはあまり関係がないかもしれませんが、社屋前シャッターを改修しました。

IMG_5477

以前は合わせ目をベルトだけでつないでいましたが、ベルトが破断するという想定外の事象を踏まえ、今回は合わせ目をベルトだけではなく、金属製にしました。鍵もつけて万全です。

IMG_5483各種加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

 

【熱中症対策 作業環境改善 現場空調新設しました】

今年の夏は暑い、暑い、暑い! 台風発生も多い、多い、多い!

雨が降るとなったら集中豪雨! 湿気もすごい!

弊社の製造現場では、夏場はスポットクーラーで対応していましたが、今年の夏の気象は異常です。温度が上がるにつれ、現場の士気が下がってきます。熱が外に排出されずに工場内に残っているのか、一向に製造現場内の温度が下がってくれません。

深夜から早朝にかけて、気温がある程度下がってくれると製造現場内の温度も下がってくれていたのですが、今年は30度を下回らない。汗をかいては乾いての繰り返し、汗だくで何度も着替えをしますが、士気は落ちる、効率は落ちる。

そこで、空調設備を整えることにしました。製造現場全体をカバーする空調設備の新設はかなり大掛かりなものになりました。

納期、搬入、取付、費用。。。

IMG_5334

IMG_5335

IMG_5337快適、快適、寒いくらいです(笑)

工事完了、来年からの酷暑対策はこれでOKです。

以下、熱中症の予防対策の箇条書きです。

<熱中症の予防対策 ~作業環境~>

  • 熱気を逃がす:換気設備で排気する。
  • 熱源の除去:熱源となる機械の除去・密閉・隔離・縮小等。
  • 熱源の自動化・遠隔化:熱源接近作業を減らす。
  • 工場内の温度を下げる:屋根の散水、大型冷房システムの設置等。
  • 休憩所を快適に:冷水器、スポーツドリンク、長椅子、体温計、シャワー等の設置、利用。
  • 空気を動かす:風通しをよくし、こもらせない。
  • 建屋入り口のミスト散布。
  • 暑さ指数(WBGT)の数値掲示。

改善された作業環境で、各種加工が可能です。

各種加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

 

【熱中症をまとめてみました。環境・方法・対策・予防等】

ご安全に。

今年も猛暑、いや酷暑です。熱中症の季節がやってきてしましました。

熱中症とは高温・多湿の環境下で、体内の水分や塩分バランスが崩れたり、体温の調整機能が破たんするなどによって発症する障害の総称です。熱の生産と汗などによる熱の放出バランスが崩れると体温は著しく上昇します。この状態が熱中症です。人は1日当たり2.5リットルの水分を体外へ出しています。これを十分に補給しないと熱中症になりやすくなります。

ウォーターサーバーと塩分チャージ
ウォーターサーバーと塩分チャージ

熱中症は、熱けいれん、熱疲労、熱射病の3つに分けられます。

  1. 熱けいれんとは、足や腕などに痛みをともなったけいれんがおこることです。めまいや立ちくらみの症状が出ることもあります。足がつったり、筋肉が硬くなったりしたときも可能性ありです。
  2. 熱疲労とは慢性的な脱水によって筋肉や消化機能などが低下することです。はきけ、多量の発汗、ぐったりする症状が出た場合、速やかな対応が求められます。
  3. 熱射病とは体温が高くなっても汗が出なくなり、意識障害を生じて死亡する恐れもある状態です。言動がおかしい、意識障害が起きる、意識がない、こんな状態の場合は救急対応が求められます。

熱の順化(適応すること)にはある程度の時間が必要です。梅雨から夏季、夏季休暇あけなどは7日以上かかります。この期間は軽めの作業を心がけましょう。いきなりアクセル全開にするのではなく、暖機運転も必要ってとこです。

風邪、睡眠不足、下痢、二日酔いなど体調の悪い時は我慢すせずに申し出て、作業の軽減・体調の監視をしましょう。申し出ができる環境づくりが大事、頑張りすぎない、ただ同じようなことがおきないように自己管理することも必要です。

水筒

熱中症がでたら、

  • Ⅰ度:めまい たちくらみ けいれん 汗がふいてもふいても出てくる
  • Ⅱ度:吐き気がする 頭がガンガンする だるい
  • Ⅲ度:呼びかけへの反応がおかしい ひきつけ、まっすぐに歩けない 体温が高い 意識がない

こんな症状がでたら、ためらうことなくただちに病院へ。

搬送の準備が整うまでの応急措置として、

  • 涼しい場所へ移動しましょう。
  • スポーツドリンクなどを飲ませましょう。
  • 衣服をゆるめて太い血管の場所を冷やしましょう(首筋、わきの下、足の付け根等)

会社、自宅その他環境を見直してみるいい機会になればと思います。

ウォーターサーバー
ウォーターサーバー

【第9回神戸ものづくり中小企業展示商談会】に出展します

ご安全に。

今年も【第9回神戸ものづくり中小企業展示商談会】に出展します。

http://www.kobe-liaison.net/?p=4644

日時:2017年6月16日(金)10:00~17:00

場所:神戸サンボーホール 2階大展示場(神戸市中央区浜辺通5-1-32)

主催:神戸市

今年も観終ったらそのまま『さんのみや~』ですか!

ご都合つきましたら是非お越しください。

では。

blog_toiawase2

【抜き型あれこれ スウェーデン鋼抜き型、トムソン型、ビク型など】

加工PRO(柳瀬製作所)はトムソン型による打ち抜き加工を行っております。普段は「トムソン型」の扱いですが、今回は「スウェーデン鋼抜き型」の扱いがありましたので、紹介したいと思います。

「スウェーデン鋼抜き型」は刃付け、焼入れ済の鋼材を使用し、型紙やゲージに合わせて曲げ加工、補強加工をしています。コストは安価、納期は早いですが、精度は?だそうです。

スウェーデン鋼抜き型 背側
スウェーデン鋼抜き型 背側
スウェーデン鋼抜き型 側面
スウェーデン鋼抜き型 側面
スウェーデン鋼抜き型 刃先側
スウェーデン鋼抜き型 刃先側

スウェーデンのサンドビック社により開発・製品化されたため、「スウェーデン鋼抜き型」と呼ばれるようになったようです。

ついでに「トムソン型」の説明もしておきます。

トムソン型とはベニヤ板や樹脂板をベースにレーザー等で溝加工を施し、その溝に同じ形状に曲げた刃を埋め込んだ型のことです。「トムソン型」は関西での言い方とのこと、関東方面では「ビク型」と呼ばれているようです。

名前の由来としては、トムソンさんの会社の機械に使用するので「トムソン型」、シュナイダー社のビクトリア印刷機を改造した機械にセットし、何故だか省略されて「ビク型」らしいです。

ネーミングがなかなか安易な感じですが、わかりやすいのが一番。トムソン社はアメリカ、シュナイダー社はドイツ、サンドビック社はスウェーデン、なかなかインターナショナルな感じですね~。

しかし、スウェーデンという国については恥ずかしながらよく知らない。IKEAはスウェーデン、スウェーデンリレーも発祥の地からのネーミングだったと記憶しています。サッカー選手のイブラヒモビッチはスウェーデン代表だったかと。

所詮この程度。。。

各種トムソン型抜き加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【ジェットヒーターで製造現場を快適に。容量、温度、使い勝手】

立春を過ぎていますので、暦上は「春」です。しかしながら今季の寒さはなかなか厳しい。天気予報やネットニュースで史上最強の寒波がやってくると聞くと、テンションも下がりまくりです。特に休日明けの工場はしっかり「冷えて」おり、製造現場で商品を加工するためには心身ともに一定期間の暖気運転が必要になります。

ジェットヒーター①
ジェットヒーター①

そこで、頼りになる存在がこれ、「ジェットヒーター」です。冬場の強い味方です。バズーカみたいなフォルムから繰り出される熱風が製造現場に活力を与えてくれます。朝一番に出社している社員さんが、製造現場に設置している2台のジェットヒーターにスイッチを入れてくれています。毎朝ありがとうございます。

今、使用しているジェットヒーターについて調べてみました。

  • メーカー:オリオン機械株式会社

本社は長野県です。

  • 使用燃料:灯油(JIS1号灯油)

灯油はちゃんとJIS規格に定められているのですね。

  • 燃料消費量:3.6L/h

いわゆる燃費ってやつです。就業時間内に連続で使用すると、ちょうど2日で灯油を使い果たす計算になります。なるほど、そういえば製造現場で、2日に1度の割合で給油作業をしています。

  • 油タンク容量:54L

普通自動車並みです。

  • 燃焼持続時間:15時間

残業があっても安心!?

  • 運転音:50Hz(ヘルツ)で69db(デシベル)

機器正面より1.5m離れた位置での最高値とのことです。製造現場での機械稼働音がありますので、音のストレスはまったくなしです。

  • 暖房の目安:木造で45坪、コンクリートで62坪

1坪の単位がわかりにくい方は1坪は約3.3㎡ですので、㎡換算してみてください。

  • 温度分布:0.5mで130℃、1mで91℃、2mで42℃、3mで23℃

吹出口からの距離です。なかなかの温度にビックリです。

  • 製品質量:37kg

油タンクが空の状態です。

ジェットヒーター②
ジェットヒーター②

ジェットヒーターには下側手前にタイヤがついているので、移動もラクラクです。しかし移動するときはシーズン前後の設置・収納の場合がほとんどですが。そして、シーズンオフの収納する場合には3台まで段積収納が可能です。業務用につき、一般のご家庭では使用できません。

製造現場で使用していますジェットヒーターのお話でした。

ジェットヒーターで製造現場を温めながら、ウォータージェットで加工をしています。各種加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【CRゴムをウォータージェットで加工しました】

材料:CRゴム 硬度60度(クレハエラストマー CB260NE)

加工方法:ウォータージェット加工

用途:緩衝、サンプル

CRゴムは耐候性・耐オゾン性・耐熱性に優れ、耐油性も良好なゴムシートです。バランスのとれた、平均した性質をもっているので、合成ゴムの中ではもっともポピュラーで扱いやすい素材ではないでしょうか。

CRとは「クロロプレン ラバー」のアルファベット頭文字からの略称です。「ネオプレン」と呼ばれることもあります。「ネオプレン」は米国デュポン社の商品名ですが、CRゴムとネオプレンゴムをほとんど同義で使用されている方も多いと思います。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5①

CR 3t φ5×φ1

アクリルASSY品に組み込まれる部材の中に、このサイズのパッキンがありまして、内径φ1であれば製品としてどの程度表現できるか、確認のために試作してみました。大きさの雰囲気がわかりやすいように、身近な文具を横に添えてみました。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5②

ホッチキスの針とクリップの間に配置してみました。

CRゴム 緩衝 ウォータージェット φ5③

通してみたい衝動に駆られて、ついつい。ホッチキスの径はφ0.8だったので、スムーズに通すことが出来ました。

ウォータージェットはCADデータを利用して、加工が可能です。各種CRゴム加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2

【トムソン型打ち抜き加工の動画事例】~三和化工 サンペルカ L-2500~

材料:三和化工 サンペルカ L-2500

加工方法:トムソン型自動打ち抜き加工

用途:緩衝材

加工風景です。

サンペルカはポリエチレンを基材とした独立発泡体。気泡は極めて細かく、柔軟性・復元性に富んだソフトな感触です。各種プラスチックフォームのなかですぐれた緩衝性・断熱性・浮揚性・耐候性・耐薬品性があります。製造過程にフロンガスを全く使用していないクリーンな発泡体です。遅燃性で、燃焼時にダイオキシンなどの有毒ガスを発生しません。一般産業・土木建築・日用雑貨・医療福祉健康・IT家電・車輌自動車・海洋スポーツなど、多目的に使えます。(三和化工カタログより)

  • 高硬度品から柔軟品、微細気泡で滑らか、カラフルな多種多様

発泡倍率が5倍~40倍の高硬度から高柔軟なものまであり、厚みが大きく、気泡が微細で滑らか、豊富なカラーバリエーションで、土木建築緩衝材から日用雑貨関連の製品・ケース内装まで多彩な用途目的に合ったものを選べます。

  • 加工性に富み、形が変幻自在

切削・裁断・粘着・接着・熱融着・真空成型・熱圧縮成形などの加工が出来て、柔軟クッション性・パッキン性・緩衝性・耐水耐薬品性・復元性などの機能と合わせて製品としてまた機器パーツとして利用が無限大に広がります。

  • 柔軟性が高く、緩衝性能・復元性に優れる

重量物から精密機器の緩衝材、土木建築分野の目地・バックアップ・パッキン材、また包装・緩衝材として通函内装材・ケース内装材として用途展開します。

  • 耐水・耐薬品性・浮揚性に優れ、丈夫な発泡体

吸水せず、耐水・耐薬品性に優れ、浮揚性があることより、医療・福祉介護分野のクッションマット関連、海洋フロート、水系スポーツなどの応用用途があります。

  • 断熱(特に低温断熱)性能に優れる

高倍率製品は特に断熱性能が高く、吸水がなく、柔軟で復元性があり、低温性能が優れているので、弱電のパッキング材から空調設備・クーラー・製氷機、トンネル内の凍結防止、屋外の断熱材として使われます。

各種サンペルカ L-2500加工のことなら、ご相談ください。blog_toiawase2

【柳瀬製作所 神戸新聞インタビュー掲載のご案内】

阪神・淡路大震災から22年が過ぎました。

「中小企業高度化資金の今」という内容で、弊社社長のインタビュー記事が掲載されておりますので、ご案内いたします。

1月18日(水)神戸新聞 地域経済 8面

柳瀬製作所は複合産業団地である神戸テクノ・ロジスティックパークの一角で操業しております。新聞記事にもありますように、地震の際に沿岸部で発生する液状化の心配がないことや、交通アクセスの利便性からも神戸テクノ・ロジスティックパークへ進出する企業が相次いでいます。柳瀬製作所は2015年に創業50周年を迎えました。紆余曲折を経て、今日に至ります。

「震災復興」

私自身がそうであるように、神戸の方々は震災を起点に物事を考えることも多いと思います。それは東日本大震災や熊本地震の被災者の方々もそうなっていくのかもしれません。

「あたりまえのこと」が「あたりまえにできる」、それが一番幸せなのかもしれませんね。

神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と神戸の復興・再生への夢と希望を目的として、毎年12月初旬に開催されております。イルミネーションで光のトンネルを作っている光景はご存知の方も多いと思います。光が差し込み、明るく、輝く、そんな世の中になればいいですね。

酉のつく年は商売繁盛につながるといわれています。酉(トリ)は「取り込む」につながるといわれ、そこから運気もお客さんも取り込めるというものです。

2017年は羽ばたく年になりますように。

今後とも「加工PRO」「柳瀬製作所」をよろしくお願い申し上げます。

blog_toiawase2