【シリコンとシリコーンの違いって?シリコンは金属ですって!?】

突然ですが、シリコンとシリコーンの違いはご存知でしょうか?

柳瀬製作所のホームページである「加工PRO」のアクセス数を増やすためにぼちぼち頑張っております。「加工PRO」のアクセス数を増やすために、ページ数を増やしていこうとしています。「加工PRO」のページ数を増やそうと、シリコンスポンジのページを増やそうとしています。そして出てきたのがこの疑問、シリコンとシリコーンの違いについて。いろいろ調べてみました。

シリコンは金属です。

%ef%bd%bc%ef%be%98%ef%bd%ba%ef%bd%b0%ef%be%9d%e3%80%80%e8%80%90%e7%86%b1%e3%80%80%ef%bd%b3%ef%bd%ab%ef%bd%b0%ef%be%80%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%bd%aa%ef%bd%af%ef%be%84

何を馬鹿なことを・・・と思われた方もたくさんいることでしょう。ただ、みなさんが一般的に使用されている言葉としてはシリコーンの意だと思います。シリコンとシリコーンの原料は二酸化ケイ素(SiO₂)であり、スタートは同じです。

シリコン (Silicon)

シリコンは、ケイ素のことです。岩石や土壌の主成分として自然界に存在し、地球上で酸素に次いで多く存在します。通常、酸素との化合物、二酸化ケイ素(シリカ)の形で存在します。シリカは砂の主成分で、石英(水晶)はシリカでできています。ケイ素はケイ素樹脂の原料となっています。半導体材料に使われるシリコンは、原料の珪石を還元、精留させて、ケイ素の純度を高めたもので、暗灰色をした金属です。

シリコーン(Silicone)

シリコーンは、ケイ素樹脂のことです。ケイ素を含む有機化合物の総称で、天然には存在しません。シリコーンは、油状、ゴム状、樹脂状などの物理的形状のものがあり、潤滑油、接着剤、シーラント、コーティング材などさまざまな用途に使われています。シリコーンは、混合物あるいは単体の形で製品として利用されています。シリコーンやその混合物はそれぞれ独自の特質や用途、メリットを持っています。

(シリコーン工業会ホームページより抜粋)

シリコンは、半導体の基板やシリコン系太陽電池パネルなどに使われています。シリコーンはシャンプーや目地材といった身近なところに使われています。

長々となってしまいましたが、結論としてはシリコンスポンジという表記は間違いで、正式にはシリコーンスポンジが正解ということがわかりました。シリコーンゴムもそうですね。でも、ブログ上の材料表記はどうしたものか。。。半導体系のお仕事をされている方にとっては愚問でしょうが。

各種シリコンゴム、シリコンスポンジ加工のこと、いや各種シリコーンゴム、シリコーンスポンジ加工のことならご相談ください。

blog_toiawase2

【トムソン型打ち抜き加工の動画事例】~三和化工 オプシーラー①~

材料:三和化工 オプシーラー OP-090

加工方法:トムソン型自動打ち抜き加工

用途:シール

加工風景です。リング形状、両面テープ付です。

オプシーラーは合成ゴムを基材とし、半連続気泡状態にさせた発泡体です。柔軟性が豊かで、わずかな力による圧縮が可能。グリップ性を有し、凹凸部分にスムーズにフィットして、気密・止水パッキン材として使われます。酸・アルカリに強いOP系(EPDM)、耐熱・耐油に優れたACM系などの製品バリエーションがあります。一般のゴム製品に比べて柔らかく、凹凸部分に隙間なくそわすことができます。土木建築分野をはじめ電機機器や自動車などの隙間を埋めるシール材として幅広く使われています。合成ゴムの特徴であるグリップ性をいかし、玄関マットのスリップ止めなど日常生活用品の滑り止めとしても様々なシーンに活躍します。(三和化工カタログより)

各種オプシーラー加工のことなら、ご相談ください。

blog_toiawase2