【プラダン+緩衝材で専用通い箱の完成!!】

加工PRO(柳瀬製作所)はプラダン+緩衝材によるさまざまな大きさの箱を扱っております。「プラダン」とは、読んで字のごとく、プラスチック製の段ボールです。日用品としてはなじみが少ないかもしれませんが、素材はホームセンター等でも販売しております。PP(ポリプロピレン)を主原料にした製品で、呼び方はプラダンとかダンプラとかダンプレートとかさまざまあります。

紙製のいわゆる段ボールに比べて、プラダンは強度と耐久性、耐水性に勝っており、繰り返しの利用が可能です。プラダンで製作した輸送箱を何度も再利用する通い箱として重宝されています。ブルー、グレー、グリーンなど色バリエーションもあり、用途に応じて色を変えて使用することも可能です。

優れた耐久性と抜群の軽さ、折り曲げ強度などの特性を活かし、さまざまな分野にて使用実績があります。物流・包装、土木・建築、自動車、農業・水産系、などなど。繰り返し使えるので、引っ越し作業の搬送用のハンガーボックスに。建築現場での養生シートに。各種仕切り板としても。

コーナー用の部材を使用することで、プラダンを積み重ねて使用できます。

プラダン青 コーナー
プラダン青 コーナー

プラダンに取っ手を付けることができるので、持ち運びもカンタン。

プラダン青 取っ手
プラダン青 取っ手

折り畳み可能なプラダン小型コンテナの提案も可能です。プラダンを折り畳み構造にすることで、使用しないときは省スペース化も実現できます。

プラダン青 折り畳み
プラダン青 折り畳み

グリーンのプラダンはこんな感じです。

プラダン緑
プラダン緑

プラダンの内部に緩衝材をセットして、専用の通い箱として活躍しています。

プラダン青+緩衝材
プラダン青+緩衝材
プラダン青+緩衝材セット
プラダン青+緩衝材セット

緩衝材は発泡ポリエチレンを使用しています。寸法通りにウォータージェットで加工し、プラダン内部にセットします。発泡ポリエチレンはサンペルカ L-1400です。サンペルカは三和化工㈱の独立気泡ポリエチレンフォームです。

ポリエチレンを基材とした独立発泡体。気泡は極めて細かく、柔軟性・復元性に富んだソフトな感触です。各種プラスチックフォームのなかですぐれた緩衝性・断熱性・浮揚性・耐候性・耐薬品性があります。一般産業・土木建築・日用雑貨・医療福祉健康・IT家電・車輌自動車・海洋スポーツなど多目的に使えます。(三和化工カタログより)

ウォータージェットはCADデータを利用して、加工が可能です。プラダン+緩衝材で専用通い箱の製作のことならご相談ください。小ロットでも対応可能です。

blog_toiawase2

【第9回神戸ものづくり中小企業展示商談会】に出展します

ご安全に。

今年も【第9回神戸ものづくり中小企業展示商談会】に出展します。

http://www.kobe-liaison.net/?p=4644

日時:2017年6月16日(金)10:00~17:00

場所:神戸サンボーホール 2階大展示場(神戸市中央区浜辺通5-1-32)

主催:神戸市

今年も観終ったらそのまま『さんのみや~』ですか!

ご都合つきましたら是非お越しください。

では。

blog_toiawase2